もう、誰も教えてくれない 撮影・VFX/CG 「アナログ基礎講座II」

最近、「もう、誰も教えてくれない 撮影・VFX/CG 「アナログ基礎講座II」」という書籍を読みました。
技術書としてもとても素晴らしいのですが、2巻の「センスと努力」という章には、制作するときに必ず突き当たる問題、それは「どのような点で思い違いをしているか」「具体的にどう自分を変えていくか」「センスとは何か」「アイディアの発想法」などが少し辛口に、しかし非常に明快に書かれています。

これまで感じていたことがはっきりし、また、気づいていない思い込みにも気付かされました。
特にこれからCGやビジュアルを仕事としていこうと考えている方に、ぜひ読んでもらいたい内容です。

全部で3巻ありますが、とくに2巻がオススメです。