キーノートの素材作り その1 イラストレーター

キーノートでは、文字自体にグラデーションや質感(テクスチャー)をつけることはできません。
ですので、単純なグラデーションであれば、イラストレータで作成することになります。

イラストレータを使う利点は、

1,キーノートから文字や図形をコピーして、そのままイラストレータにペーストできる。
2,イラストレータから、文字や図形をコピーしてキーノートにペーストできる。
かつ、拡大縮小も自由(画質劣化なし)

です。

このことを利用して、キーノートの画面切り替えに「マジックムーブ」を使えば、例えば「地図の一部にズームイン」なども画質劣化なく可能です。

Photoshopで作った素材は、原寸以上に拡大するとどうしても画質劣化が目立ってしまうので、拡大して使うものはイラストレータで作るなど、用途を考えて使い分けることが必要です。