Houdini Tutorial 001 その2

「M01 | First Steps | Intro Workshop」の続き(後半)です。
今度は、山のような地形にランダムにBOXを配置するところまで。
下のようになりました。

20150206_0220150206_03ノードは上のようになっていて、
grid1をmountain1でノイズをかけて山のような形に変形し、copy1を使ってそこにbox1を配置します。
それだけだと規則的になってしまう(grid1の頂点に配置されてしまう)ので、scatter1でばらつきを持たせ、さらに、transform1でbox1のサイズを均一に小さく。
その後、margeで、gridとboxを両方とも1つに表示する。

というところまでです。

次に、下の状態までにします。

20150206_04それにはまず、attribute create を追加します。
これは、自分で定義する変数のようなものだと(たぶん、、)思います。

下のように nameを 「pscale」と定義して、Valueを仮に 0.3にしておきます。

20150206_05その次に、paintを追加します。

たぶんこれは、1つ前のノード、つまりattribcreateの変数を使って、ペイントするということです。
そのために、paint の override color に下のように、pscale (attribcreateで定義したもの)を入れます。

Maege mode を addにすると、もともとのboxの大きさに、pscaleの値分の数値をペイントできる、ということだと思います。

20150206_06

そして、shift キーを押しながらマウスをドラッグすると、下の画面のようにブラシの大きさを調整できます。

20150206_07その後、ペイントしてみると、、、、

20150206_08BOXの大きさをペイントでコントロールできました。やったー!!

merge modeには、add以外にも、subtractもあるので、ペイントで小さくしたり自由にできます。