Houdini Tutorial 001 その3

さらに続きです。
地面にバラバラに配置したBOXを樹木に変えるために、l-systemを作ります。
それをcopyノードに接続すると、20160211_01このように、樹木に置き換わりました。

さらに、switchを加えて、BOXと樹木を切り替えられるようにしました。↓
switchノードのselect Inputの値を変えることで切り替えができます。

20160211_02この状態だと、まだ樹木の向きがすべて同じ状態です。
それをランダムにするには、copy ノードのstampタブでStamp Inputsにチェックを入れ、Variable1 にtrRotと変数を定義します。
その値に rand($PT)*360を入れます。

20160211_03$PTはポイント番号ですので、rand関数に$PTを入れると、数値は0から1の間で分散し、それに360を乗算して角度のばらつきを作り出しているのだと(たぶん)思います。