Particular の基本 パス上にパーティクル

イラストレータのパスを使って、パス上にパーティクルを流す方法を簡単にまとめます。
スクリーンショット 2014-04-28 20.00.29このように、ポイントライトに位置のキーフレームを打ち、そこにイラストレータのパス情報をペーストします。(詳しくは前の投稿をご覧ください)
この場合は正確な円にするためにイラストレータのパスを利用していますが、ポイントライトの位置を動かして、キーフレームさえ作っておけばどんな形でもかまいません。

新規平面に、エフェクト>Trapcode > Particular を適用します。
この状態では、下の画像のように、単純に中央からパーティクルが発生しているだけですが、スクリーンショット 2014-04-28 20.04.11ライトからパーティクルを発生させたいので、Particularのパラメータから、Physics > Air > Motion Path の「1」を選びます。
すると、このように、スクリーンショット 2014-04-28 20.08.55ライトの名前は、「Motion Path 1」にしてねと言われるので、ライトのレイヤー名を書き換えます。(1文字でも間違えていると動作しません)

レイヤー名を書き換え、さらに、下の図のようにVelocity(速度)を0にすれば、スクリーンショット 2014-04-28 20.12.39パスにそってパーティクルが並んでくれます。
スクリーンショット 2014-04-28 20.15.00このとき、パーティクルの発生点が平面の中央にあるので、全体的に位置がずれています。
これを動くライト(Motion Path 1)の始点に位置合わせすると、下のようにぴったり位置が合います。
スクリーンショット 2014-04-28 20.18.51動くライト(Motion Path 1)が、一周5秒で動いているなら、particular  のパラメーターで、Particle > life も5秒にすれば、円周上に綺麗にパーティクルが並ぶようになります。

あとは、パーティクルの発生点のサイズを増やしたり、パーティクルの大きさや数、形状、色などを調整して、基本的な動きはできあがりです。
スクリーンショット 2014-04-28 20.24.30

Premire CCのレンダリングスピード

6分程度のスライドショーをPremire CCで編集し、720PのMP4に書き出すお仕事がありました。
Mac miniで書き出しのためのレンダリングとエンコードをしていると、かなり時間がかかってしまいます。

そこで、比較のために、手持ちの他のマシンでもレンダリング時間のテストをしてみました。

■ Mac mini mid 2011 (OSX 10.9.2 ,Core i5 2.5GHz ,Memory 16GB ,SSD (転送レート約400Mbps))
→ 126分

■MacBook Pro late 2013 15inch latina(OSX 10.9.2,Core i7 2.3GHz ,Memory 16GB ,SSD (転送レート約700Mbps))
→ 12分

■自作PC (Windows7 x64 Professional ,Corei7 950 2.66GHz ,Memory 24GB ,SSD(転送レート約400bps))
→ 7分

■参考 : MacBook Pro mid 2009 17inch(OSX 10.9.2 ,Core2duo 2.8GHz ,Memory 8GB ,SSD (転送レート約250Mbps))
→ 220分

この結果からも、Mac miniの遅さが目立ちます。

スペックだけを考えるとそれほど差はないように思えるのですが、、、どこかボトルネックがあるのでしょうか??

Core i5とCore i7の差が意外と大きいのか、、、?

そこで、AfterEffects CC でも試してみました。
20秒のコンポで、Particularを使った少し複雑なものです。

■ Mac mini mid 2011 → 3分31秒
■ MacBook Pro late 2013 → 2分36秒
■ 自作PC Win7 → 2分34秒

これでいくと、Mac miniもそこそこ速いんですけどねえ、、、、
それにしても、MacBook Pro late 2013は、ノートパソコンとしては相当速いです。
これをメインマシンにしてもかなり行けそうです。

AfterEffectsに外部テキストファイルを読み込む

たくさんの数のテキストをAfterEffectsで使うことが時々あります。
その時に、1つ1つのテキストレイヤーを作っているといくら時間があっても足りないので、スクリプトで処理したほうが早いです。

filename = File.openDialog(“テキストファイルを選択してください”,””);
fileObj = new File(filename);
if (fileObj.open(“r”))
{
while(!fileObj.eof)
{
txt = fileObj.readln();
if (txt) app.project.activeItem.layers.addText(txt);
}
}

これをテキストファイルとして保存し、拡張子を.jsxに変更します。
read_text.zip こちらからダウンロードできます)

そのファイル(例えば、read_text.jsx)を、AfterEffectsのアプリの「Scripts」フォルダーに入れます。(下の図の右下)

スクリーンショット 2014-04-05 16.22.03すると、このように、スクリプトが選べますので、
スクリーンショット 2014-04-05 16.25.05スクリプトを選んで、さらに出てきたダイアログボックスで、テキストファイル(テロップに使うのなら一行に1ブロックにしたテキスト)を選ぶと、、
スクリーンショット 2014-04-05 16.25.30文字レイヤーができました。

条件としては、
1,はじめにコンポジションを作っておく
2,文字(フォント、文字のポイント数など)を選んでおく
だけです。

フォントなどはあとからも変更できるので、コンポジションさえ作っておけばスクリプトは動作します。

この情報は、「クリエイター手抜きプロジェクト」さんからの情報です。
これ以外にも色々なソフトのjavascript があり、とても素晴らしいです。