キーノートの素材作り その2 Photoshop

例えば、レイヤーに分かれた、このようなPhotoshopデータがあるとします。
スクリーンショット 2014-04-01 20.56.30キーノートで、この素材をバラバラに分けて使うためには、透明度を持ったPNGファイルとして別々に保存して、それをキーノートに読み込み(あるいはドラッグアンドドロップ)するのが通常のやり方です。
イラストレータのようにコピーアンドペーストをしても、透明部分が抜けないので、ちょっと不便です。

なんとか、速くできないか、、、、と思っていたのですが、1つの方法を今日、見つけました。

まず、ファイル>スクリプト>レイヤーをファイルへ書き出し を選びます。
スクリーンショット 2014-04-01 21.03.00次に、ダイアログボックスで以下のようにオプションを選びます。
この時、ファイル形式は「PNG-24」にして、必ず「透明部分」にチェックをいれます。
また、「レイヤーをトリミング」を選べば、画像の大きさピッタリにして書き出してくれます。スクリーンショット 2014-04-01 21.03.58こうして書きだしたPNGファイルは、下のようにレイヤー名までついています。
あとは、キーノートにドラッグして配置するだけ!
スクリーンショット 2014-04-01 21.11.14もっと早く調べればよかった、、、、、レイヤー数が多い時どれほど時間がかかったか、、、

ちなみに、Photoshopで素材を作る場合は、Keynoteで使うサイズぴったりか少し大きめに作っておけば、後で拡大して画質が落ちるのを避けられます。